特別なハワイを日常のHawaiiへ

ハワイ島(ビックアイランド)とHGV(ヒルトングランドバケーション)など

海外旅行保険は大事

はい、こんにちは!

f:id:Hawaii_raoukona:20190917194209j:image

カメハメハ大王

 

ラオウ・コナ(時差ボケで眠い夫)、

バーバリアン(zzzzz妻)です。

 

iPhone復活!

復活劇は、また後日!

 

「前回までのあらすじ」

ワイキキで「ドクターズオンコール」は強い味方!

でも、利用しないで済むのが一番!

 

第12回目は、海外旅行保険についての簡単なお話です。

 

 

1、海外旅行保険、入ってますか?

 

f:id:Hawaii_raoukona:20190917200418j:image

ダイアモンドヘッドの麓にある灯台

 

皆さん、海外旅行に行くとき、海外旅行保険に入っていますか?

 

旅行者が保険に入っておらず、治療したものの、医療費を払ってもらえない・・なんて話を日本では聞きますが、

アメリカ・ハワイでは、そんな甘い話はない!と思っておくべきでしょう。

 

前回の「ドクターズオンコール」でも、保険の入り方によって対応は異なりますが、まったく、お金を出すことも、カードを切ることもなく、保険の書類手続きだけで、治療・お薬がもらえます。

とてもありがたいですね。

 

 

2、アメリカの医療費

f:id:Hawaii_raoukona:20190917215907j:image

サーフィン。やってみたいですね!(無理っす)

 

アメリカの場合、簡単に「数百万円」の請求がきます。

 

なんて話を聞いても、

アメリカンジョークでしょw」

と思っていませんか?

 

これは大袈裟なジョークではなく、真面目な話です。

 

 

「お腹が痛く、エコーなどの検査してもらうと

胆石があった。

ハワイで手術はせず、痛み止めを処方し、日本で処置することを勧められた。

帰国前日、念のため、もう一度検査。飛行機に乗っても大丈夫、ということで帰国した。」

 

これで請求は「200万円以上」です。

 

これ実話。

 

大先輩が経験された本気のお話です。

 

「検査だけでw  笑ったわwww」

と、ご本人は笑っておられましたが、

全額払うことになれば、笑ってられないでしょう。

 

 

また、ハワイのオアフ島以外の島、

ワイ島マウイ島、カウアイ島などに旅行中、

怪我や病気になり、オアフ島で治療すべきと判断されることがあります。

もちろん、各島に病院はありますが、

やはり、オアフ島が医療もトップなのです。

 

その場合、ドクターヘリでオアフ島に向かうことになるのですが、ドクターヘリを手配する前に、

「ドクターヘリの利用料を支払えるだけの保険に入っているかどうか」をチェックされるそうです。

 

当然、支払えるだけの保険に入っていなければ、

ドクターヘリは飛ばない

ということでしょうね・・・

 

「医師が治療を拒否しているのではない。

患者が来ないだけだ。」

ということでしょうか。

 

 

 

「やっぱり海外旅行って怖いな!」

という話ではありません。

「できることをしておけば、何の問題もない」

という当たり前の話です。

 

保険会社も頑張っており、ほとんどの場合、

数千円、多くても1万円と少しくらいで

保険設定をしています。

 

その数千円が嫌ならば、もしもの場合は数百万円払ってくださいね、というのが現実です。

 

 

睡魔が!睡魔があああああ!!

マハロ!

 


ハワイランキング