特別なハワイを日常のHawaiiへ

ハワイ島(ビックアイランド)とHGV(ヒルトングランドバケーションズ)など。また「オアフ島旅行記」も更新しています!

ワードセンター2 レッドライン29 ワイキキトロリー

ワイキキ バス事情 その59

「レッドライン」ワイキキトロリー

 

 

はい、こんにちは! 

f:id:Hawaii_raoukona:20200212152017p:image

ダイヤモンドヘッド山頂からの眺め。

空は少し霞んでいますが、複数の青色で彩られた海と公園の緑、高層ホテルの無機質なのにワクワクさせてくれる白。

色彩のコンビネーションがとても楽しいですね。

 

ダイヤモンドヘッドを登ること自体は大したことではありません。

 

御高齢の方からお子様まで、楽しみながら登ることができると思います。

*ハワイ旅行で疲れている時は要注意です。移動疲れ、飛行機疲れ、時差ぼけ、食事が合わない、トイレが上手く行かない・・・・

 そういう状況なのに、初心者レベルとはいえ、慣れない登山は危険です。

 このブログでは、何度も書いていますが、楽しむためにハワイに行くのか、怪我や病気になるためにハワイに行っているのかをよく考えて行動してくださいね。

 

ただ、やはり靴は履いて行くべきでしょう。サンダルで行く人も多いですが、怪我や足をグネッたりすると、旅が楽しめません。

あと、時間によっては、かなり日差しがキツいので、帽子やサングラスもあった方が良いと思います。将来の白内障対策です。

風が強いので、帽子は飛んでいかないように注意しましょう!

もちろん、水は必需品です。くれぐれも忘れないようにしましょう。

 

f:id:Hawaii_raoukona:20200212153918p:image

ラオウ・コナ(軽量外付けハードが欲しい夫)と

バーバリアン(雨は嫌だなあ妻)です!

 

 

『前回までのあらすじ』見どころが多い「レッドライン」も、そろそろ終盤。

ホノルル美術館やパンチボール、ハワイ出雲大社など盛り沢山な「レッドライン」ですが、

チャイナタウンに停車後、カメハメハ大王像近くでもバスは停まり、その後、カカアコのソルトからワードセンターに向かいます。

 

f:id:Hawaii_raoukona:20200212153954p:image

久しぶりのざっくり地図で、アラモアナ・ワードセンター・カカアコ(ソルト)の位置を簡単にお伝えしました。

 

歩けない距離ではありません。

 

散策気分でアラモアナからソルトまで歩き、帰りだけバスに乗るというのも良いでしょう。

車には気をつけてくださいね!

道路を横断する時も、横断歩道以外で横断すると罰金ですし、スマホを見ながら渡っても罰金のはずです。

交通事故の多いオアフ島ですので、のんびり散策しながらも、注意しながら歩きましょう。

 

さて、このワードセンター。実は見所一杯です!

たとえば、

f:id:Hawaii_raoukona:20200212155217p:image

ノードストーム・ラック

 

f:id:Hawaii_raoukona:20200212155428p:image

TJマックス

 

特に女性には買い物の聖地となりつつあります。

 

また、

f:id:Hawaii_raoukona:20200212155707p:image

見るからにスゴそうなコンドミニアム?などもありますし、

 

f:id:Hawaii_raoukona:20200212155847p:image

日本人が大好きな「WHOLE FOODS」の新しいお店(クイーンズ店)もあります。

 

 

『ワイキキやアラモアナは、もう、見飽きたのだわ!』

というハワイ好きさんにはオススメの場所ですね!

 

ちなみに、ホールフーズ・クイーンズ店の外観は

f:id:Hawaii_raoukona:20200212160325p:image

こんな感じ。

写真では分かりにくいかも知れませんが、実際に見るとスゴいっす!!

 

それでは、続きます。

マハロ!!


ハワイランキング

ブロトピ:海外旅行